プロフィール

高倉 豊

元ウブロ・ジャパン 代表取締役 ・ ビジネスコンサルタント

1948年、兵庫県生まれ。自由学園男子最高学部を卒業後、1970年に博報堂に入社。

入社5年目から、中東&欧州に計11年間に滞在。39歳で博報堂を退社。

翌年40歳の時、未経験業界の外資系高級化粧品メーカー、パルファム・ジバンシイの日本法人トップに抜擢される。以降、イヴ・サンローラン・パルファンやシスレーの日本法人、外資系高級時計メーカーのタグホイヤーやウブロの日本法人、計5社の外資トップを20年間務める。

その間、次々と自社の業績を回復させ、「ブランド再生人」として業界で有名になる。

輸入フレグランスの販売高で1994年に1位となった「プチサンボン」を送り出し、ライトフレグランス市場をつくる。最後に就任したウブロでは、5年間で売上を3倍にし、憧れの時計ブランドへと成長させる。

2011年6月末、ウブロ社長を辞任。

現在は、ビジネスコンサルタントとして活躍するかたわら、執筆・講演活動を行っている。

 

 

1948年 兵庫生まれ

1970年 自由学園 男子最高学部 卒業

1970年 株式会社 博報堂入社

国際局、マーケティング、調査、営業部に配属

レバノン、ロンドン、ベルギーへと海外駐在を経験

1988年 パルファム ジバンシーK.K.代表取締役

1992年 イヴサンローラン パルファン株式会社 代表取締役社長

1997年 タグホイヤー ジャパンK.K.代表取締役社長

2000年 シスレー ジャパン株式会社 代表取締役

2004年 エスティ ローダー株式会社 ダルファン事業部 ジェネラルマネージャー

2005年 ウブロ ジャパン株式会社 代表取締役

2010年 退職

現在は、ビジネスコンサルタントとして、執筆活動、講演活動をしている。

 

 

【書籍】

  『 口紅は男に売り込め! 』 ( ダイヤモンド社 )

  『4つのブランドを立て直した八方塞がりを打破するマーケティング』 (角川書店)

 

<執筆>

男性誌『UOMO』(集英社)にて、長期インタビューコラムを掲載

男性誌『ゲーテ』(幻冬舎)にて、「弱者のマーケティング」コラム掲載


【実績】

<ウブロ時代>

・5年間で、売上327.7%増

・入社時に50店舗あった販売店を27店に縮小させ、売れている感を出す。

・ターゲットを地方の社長に絞り込み、男性誌『UOMO』にタイアップ記事を超安価で連載してもらう。連載で、有名人が愛用していることを告知したことで、一気に憧れのブランドとして人気になる。今では、王貞治氏、みのもんた氏、出井伸之氏が愛用している。

 

 

<シスレー時代>

・2年間で、売上55%増

・フランスの高級スキンケアブランド「シスレー」のターゲットを50代から30代に変更することを決意。『JJ』にてタイアップ連載を超安価で展開してもらい、若い客を呼び込むことに成功。そのおかげで、『JJ』は、高級スキンケアを売る力がある媒体と認知され、広告収入がアップ。

 

 

<イブサンローラン・パルファン時代>

・3年間で、売上35%増

・再購入率の高い基礎化粧品の販売に着手。販促の一環として、自分の肌の悩みをチェックできるパネルを売り場に設置。業界初として話題になり、その後、大手メーカーも追随するようになる。

・メイク雑誌『美的』にサンプルを同梱。(美容雑誌では初の試みとして話題になる)

 

<ジバンシー時代>

・名入れギフトとして、口紅を発売。「世界にただひとつの品」にすることで、男性の購買を見込む。結果は大成功。ホワイトデーには、男性が百貨店の化粧品売り場に行列をなしたことで話題になる。

・赤ちゃん向け香水「プチサンボン」を、日本で発売させる。本国からは申し入れがなかったのに、香りが日本人向けだと確信し、日本での展開を決意。結果、1994年のNo1フレグランスに成長させ、その後、「ライトフレグランス」ブームを巻き起こす。

 

 

What's New